ムダ毛を抑える生活習慣と毛深さ


月曜日, 5月 26th, 2014

私の家系は男が毛深く、掃除や洗濯が大変です。
特に我が家では弟が毛深いです。

弟は大学に通うため上京しているのですが、年末年始や長期休みのときに帰ってきます。
その前にいつも部屋の掃除をしてあげるのですが、短くて太い毛がたくさん落ちていて困ります。

弟は髪の毛も手足の毛も太く、しっかりとした、いわゆる剛毛です。
禿げる心配はなさそうなのですが、逆に毛深さと剛毛が悩みになるようです。

最近は男性でもエステに行きますし、広告も入ってくるので、
弟も全身脱毛を考えたことはあるようです。
(嫌がるかと思ってはっきりと聞いて確かめることはしませんでしたが。)

弟の部屋は床は掃除機をかければすみますが、
ベッドのシーツはマットレスまで毛が付着しています。

弟の部屋を掃除していて、
毛がシーツを通っていってしまうとはじめて知りました。

掃除機の布団用のノズルでは取り切れないので、
ガムテープを使ったり、細かい部分や取れにくいものは手で取ったりします。

シーツやタオル類はその後洗濯しますが、
洗濯しても毛は取れないので、事前に取っておくしかありません。

それから手間がかかるのが、衣類です。特にズボンですね。
表はたいしたことはないのですが、裏に毛がよくついています。
折り返しの部分にたまりやすいです。

永久脱毛してくれるとありがたいのですが、
弟は自分ではズボンの裏までは気にしないようで、そのまま履いています。

女なら気にするのでしょうが、男はそういう点をあまり気にしないのが普通のようです。
毛深いのは父親譲りですから仕方ないのですが、周囲は気になります。

大学生のうちはいいかもしれませんが、これから結婚しようとするときが心配です。
一緒に暮らしていれば、毛深いのは隠せるものではありません。

いい人に出会えればいいですが、
掃除や洗濯のたびに毛を取るのは、きっと忙しい毎日の中では
やってられないと思ってしまうことも出てくるはずです。

弟が自分でやればいいとも思いますが、
それはなさそうなので姉としては先行きが心配になります。

土曜日, 4月 26th, 2014

私自身がもともと毛深い人間でした。
『女なのに、どうしてこんなに毛が太くて多くて密集しているんだろう。女性ホルモンがないのだろうか?』
と、思春期以前から大きな悩みでした。
さかのぼって思い出せば、小学生のころからすでに毛深いことを気に病んでいて、肌をさらけ出す体育の時間なんて悪夢のようでした。親に内緒でカミソリを買ってきて、お風呂でジョリジョリしていたこともありましたが、足の後ろ側の剃り残しが目立ったり、太い毛の剃り跡がチクチクしたりで、それはそれでコンプレックスを増大させられました。
そんな私はいつしか他の女の子の太ももや腕をまじまじ見るのがくせになり、肌の美しさをチェックしては、さらに女としての自信をなくしていったものでした。
はっきりいって、毛深さというものは性格そのものに影響を与えるくらいに深刻な問題です。
女の自慢であるはずの肌を堂々と見せられない、ということは、女としての自信がないことにつながります。
自分の肌を特に好きな人には触られたくない、というのがどんなに悲しいことでしょうか。

その悩みから解放されたのは、社会人になってから自分のお給与で永久脱毛をしてからでした。
毛の生えてこないツルスベの肌を見て、自分の肌がこんなに白くてなめらかだったのかと感動しました。肌触りの気持ちよさに、自分で自分の肌をなでまわしては嬉しさがふつふつとわいてくるようです。
それからは女子力があがりにあがった気がして、肌も堂々と見せるような服装をしていましたし、人から見られても、触られても気にしない生活に喜びを感じました。

永久脱毛することに対しても、
『肌が荒れたらどうしよう。』
『大金をはたくことになったらどうしよう。』
『うまくいかずにまた生えてきたらどうしよう。』
なんて、やる前には悩みに悩んで考えぬいてしまいましたが、ちゃんとしたエステでやれば、まったく問題なかったです。
そして思いました。
『こんなことなら、もっと早くに永久脱毛すればよかった。』と。

水曜日, 10月 30th, 2013

今、流行のマクロビオティックですが

なんとムダ毛を薄くする効果があるそうです。

 

マクロビオティックとは

玄米や雑穀米を主食として、おかずは野菜や海藻類中心

肉・卵・乳製品は極力摂らないようにするといった食生活法です。

 

マクロビオティックは体に良いだけでなく

ダイエット効果や美容にも良い効果をもたらすため、若い女性を中心に広がっています。

 

このマクロビオティックがムダ毛にどのようにして作用するかというと

まず肉料理を摂らないことで、

ムダ毛の原因である過酸化脂質を抑えることができます。

また、野菜が不足しているとムダ毛が濃くなるとも言われているので、

マクロビオティックで野菜中心の食生活にすることで抑毛効果が期待できるのです。

火曜日, 10月 22nd, 2013

最近まで知らなかったのですが

ストレスが溜まるとムダ毛が濃くなるというのは通説のようです。

今までストレスが溜まってた時期に、ムダ毛を気にしたことはありませんでしたが

もしかして気づかないうちに濃くなってたのかも(・_・;)

 

ストレスとムダ毛はどの様に関係してくるのか・・・?

まず、ストレスが溜まると自律神経が乱れます。

自律神経を司る脳の視床下部は、ホルモン分泌の中枢でもあります。

つまり自律神経が乱れるとホルモンバランスが崩れてしまうのです。

結果的に、男性ホルモンが過剰に分泌されてムダ毛が増えてしまうようです。

 

ストレスは肌にも良くないですし、ムダ毛まで増えるときたら美容の大敵ですね(>_<)せっかくミュゼプラチナムで脱毛していても脱毛効果半減!?なんてことになったら嫌ですもんね。

なるべくストレスを溜めないようにするのはもちろん

もし溜まってしまった場合でも、

自分なりのストレス発散方法を見つけておくといいかもしれません!

金曜日, 10月 11th, 2013

埋没毛とは、通常のムダ毛処理で処理しきれない

皮膚の下に生えてしまっている毛のことです。

黒いぽつぽつとなって美肌を邪魔するやっかいな存在・・・

原因は脱毛の仕方にありました。

 

無理に引っこ抜いたり強く剃ったりして皮膚を傷つけてしまうと毛穴は塞がってしまいます。

そのため、毛穴に残っていた短い毛が皮膚の下に入り込んで埋没毛となってしまうのです。

埋没毛がいくつもできると、肌はざらざらで見た目にも美しくなくなります(T_T)

 

対策としては

こまめに古い角質を落としたり、脱毛処理後は保湿を心がけること。

また抜くより剃る方が肌への負担は少ないので、

なるべく優しく剃るようにすると埋没毛を防ぐことができます。

 

万が一埋没毛ができてしまった時は

間違ってもハリ等でほじくり出すなんてことはしてはいけません!

そんなことをしたらシミや色素沈着を起こしてしまう可能性があります(>_<)

皮膚を柔らかくするクリームを塗ったり、

ボディースクラブやピーリングで古い角質を落としたりするのが良いようです。

ただ、ホディースクラブやピーリングは肌を痛めるので一週間に一度を目安に。

 

そして一番効果的な埋没毛の対処としては、レーザー脱毛や光脱毛を行うことです。

一旦埋没毛がなくなっても

また同じ方法で自己処理をしたら繰り返してしまうかもしれません。

綺麗なツルスベ肌にしたいなら、多少お金がかかってもサロンに通うのがおすすめです!

土曜日, 9月 28th, 2013

世の中色んな人がいますが、ムダ毛フェチの男性も少なくないそうです。

女性からしたらびっくりですよね。

でも、そういう男性が彼氏だったらお手入れが楽でいいのかも?

ただ注意したいのは、ムダ毛フェチの男性は一切手を加えていないボーボーの状態が好きなのではなく

手入れした数日後にポツポツ短い毛が生えてきているのが好きな方が多いそうです。

腕を組んだ時にチクチクするのが気持ちいいらしい・・・

あの短い毛がいっぱい生えてる状態ってある意味一番恥ずかしいと思うんですけど(^_^;)

 

あと、中には自分で彼女のムダ毛を処理してあげることに喜びを感じている人もいるみたいです。

ちょっと素敵ですよね!

彼がやってくれたら、自分で手の届かない部分も処理してもらえるし。

 

さらにびっくりなのが、ムダ毛だけでなく脇毛フェチの男性もいるとかいないとか(@_@;)

かわいくて綺麗な女の子から脇毛が生えているとそのギャップに萌えてしまうそうです。

わざわざ「脇毛生やしておいてね!」と頼むこともあるのだとか・・・。

うーん、ここまでくると変◯に思えなくもないですね(笑)

 

でも女性からしたら、特に夏なんかは腕や足が出る服を着ることが多いから

処理しないわけにはいかないし、

ムダ毛フェチの男性って楽でいいかもと思ってたけど・・・

実はけっこうやっかいかもしれません(>_<)

土曜日, 9月 21st, 2013

ムダ毛は体質だと諦めている人も多いかもしれませんが、

実は生活習慣で抑毛することができるのです。

 

まず、3食バランスの良い食事をとること。

早寝早起きを心がける。

ストレスを溜め込まない。

喫煙している人は禁煙をする。

 

つまり、健康的な生活を送ることでムダ毛を抑えることができるということになります。

ムダ毛にはホルモンバランスが深く関係しているので、

生活習慣が乱れてホルモンバランスが崩れるとムダ毛を増やす原因になってしまうのです。

 

また、肉料理中心の食事や塩分の摂り過ぎも注意しなくてはなりません。

体毛には汗と共に体内の毒素を排出する働きがあるため、

肉料理をたくさん食べるとその分排出する「過酸化脂質」の量も増えます。

多くの毒素を排出するために毛の範囲が広がったり濃くなったりしてしまうようです。

 

ムダ毛で悩んでいるいる人は、野菜中心の生活に変えてみるのもいいかもしれません(*^_^*)

水曜日, 9月 11th, 2013

暑い地域だと汗を大量にかきますよね。

そうすると汗による摩擦で皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

このことから守るために、暑い地域では毛深くなる傾向にあるそうです。

 

逆に寒い地域だと、体毛に空気を溜め込むために細く柔らかい毛が生えやすいようで

そのため体毛が薄いように感じられるそうです。

また、寒い地域では上着を着用するため毛が不要になったという説もあります。

私の両親は北海道出身なのですが、毛どこ!?ってくらい体毛が薄いです。

 

でも、調べていくとまったく逆の説も見つけました。

暑い地域の人は寒さから体を守る必要がないから毛が薄いとか

寒い地域の人は寒さから体を守るために毛が濃いとか・・・

そう言われて見ると、世界でも雪国に住む人は毛がもじゃもじゃしてそうなイメージです。

 

そういえば実家で飼ってる犬は夏になると毛が薄くなって寒くなるとふさふさになってたなぁ・・・

どちらの噂も医学的根拠はまだないそうですが

どちらかというと後者の方が真実っぽい気がしてきます!

岐阜でおすすめの脱毛サロン

水曜日, 9月 11th, 2013

確かに、私の両親は毛が薄いので私も薄いほうです。

そして旦那とお義父さんはもじゃもじゃです(笑)

 

100%遺伝するわけではないにしろ、

毛深さやハゲといった、毛に関することは遺伝しやすいのかもしれません。

両親からだけでなく隔世遺伝することもあるそうです。

 

ムダ毛にはホルモンが深く関係しているので

親や祖父母の持っているホルモンを受け継ぐと考えると、可能性は高いように感じますね。

 

インターネット上の掲示板などでも、

自分の毛深さが子供に遺伝するのではないかと不安を感じてる方が多く見受けられます。

中には子供を授かることを諦めようとしている人も。

たかが毛、されど毛ですよね(-_-;)

 

私も旦那が毛深いので子供に遺伝するんじゃないかと密かに心配しています。

でも、もし子供が毛深くて悩むことになったら

将来一緒に解決方法を探るのも楽しいかもしれません(^^♪

 

水曜日, 9月 11th, 2013

女性ホルモンはムダ毛の濃さと関係しているため、

豆乳はムダ毛対策に効果があるということになります。

 

豆乳はただ飲むだけでも体にいいのですが

ムダ毛対策に使う場合は豆乳でローションを作るのが効果的だそうです(^^♪

 

インターネットで調べてみると、作り方やその効果が詳しくのっていました。

材料は豆乳、レモン(パイナップルでもいいらしい)、消毒用エタノールのみ。

作り方は、豆乳と火にかけて温まったらレモンを加えて、分離したらエタノールを。

そしてザルにふきんとキッチンペーパーをしいて濾せば完成です。

 

作ったローションはムダ毛の気になる部分に朝晩塗ると、

早い人だと1ヶ月も経たないうちから効果を感じることができるそうです。

ただ、ムダ毛がまったく生えなくなるという訳ではなく

生えるスピードが遅くなったり、極短いムダ毛しか生えなくなるといった効果があるみたいです。

 

サロンで全身脱毛すると高いですが

豆乳ローションを使えば、もしかしたら安くムダ毛とおさらばできるかもしれません(^^)v
子供でも使用できる商品もあるみたい。子供の脱毛って聞くと???と思う方も多いですが、
最近は小学生でも脱毛する子、けっこういらっしゃるようで。